スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店じまいのお知らせ

お久しぶりですが、いきなりのお知らせ。
こちら、店主ではなく製作者です! 店主は引退しました!

という流れから、次回の10月の「Romantic A La Mode」が、「Lux Stellae -Stellae Parvae-」として参加する、最後のイベントということになります。

以降は 「礦譚舎(コウタンシャ)」 と名を変えまして、半貴石を使ったり、古いパーツを使ったり、ゆるゆると適当に展開していこうと思います。
「礦」は石ころ、「譚」はお話。

そこそこ本格的に宝石学の勉強をはじめました。
ガラス工芸や七宝をやりつつ、マイペースに表現の幅を広げていこうと思います。

2011年から6年。いやぁ、まだこれだけしかやっていないんですねぇ。
スポンサーサイト

仕入行ってきました

本日仕入れに行ってきました

主な目的は要望のあったカイヤナイトとムーンストーンだったのですが……カイヤナイトに安くていいのが見つからない!
いや品質のいいカイヤナイトはありはしましたよ。青の強い透明感のある素晴らしいのが2万円とかで。
でもそれを商品化したら他の材料が負けないようにすると最終的に値段4万超えそうという判断により、没。
結果、カイヤナイトは1つしか手に入れることはできませんでした。
在庫のカイヤナイトと組み合わせて一応新作は作れそうですが、それも売り切れたら即終了です。

一方、ムーンストーンはペリステライト中心で数点見繕えました。値段的にもお得なレベルで提供できそうです。
ただ、過去に作って売り切れたブレスレット「月の氷」のような、ぺかーっと青に光る感じではないです。
作った瞬間お嫁に行った「月の氷」さんの写真はこちら
20170107_110052.jpg

今回仕入れることができた石はもっと柔らかな印象です。なので、それに合わせて出来上がりも全く違う商品になると思います。
これは個体差の大きいオパールなどと同様、避けられない部分ではあります。言い方を変えると、「貴方だけの一点」とも。
青にシラー(シーンとも言う)が出るものだけではなく、白の線や光が出るものも、今回はゲットしました。
なので、見比べてどれが自分にとって一番か見比べることができるように、10月のロマアラでは並べて選べるようにしたいと思っています。
「なので頼んだ、妖精さん(製作担当)」とデザインに関しては丸投げして、会計担当は帳簿をつけて在庫管理に励みます。

あと述べておくことは、そうですね。たぶん次回はモルダバイトという緑の石を使った商品と、今度こそサフィレットの商品が出る予定です。
サフィレットに関しては熱望されているので間に合わせます。現在未計算が2点、上手くいけば3点こっそり並べたい。

(なぜそんなものがあるのか)怪しいお店として、次回のイベントに向けて準備を進めていきます。
趣味のままに走っていくLux Stellaeをこれからもよろしくお願いします。

追記:イヤリング「夜の純潔」に予約が入りましたので即納品リスト(在庫一覧)に反映しました

とりあえず、新作の写真と値段を上げときました

えーっと、合計18点ですね。 考えながら打つのは意外と時間かかります。
即納品リスト(在庫一覧)への反映も終了。

4月の月末は半貴石・宝石類の仕入れに行ってきます。裸石や鉱物標本に興味がある方は「第23回石ふしぎ大発見展」で検索をば。
業者・素人関係なく見に行けるし買えますので、石好きにはうれしいお祭りです。
ただ、たまに高すぎない?って店や、いやそれは違う名称の石でしょ、説明と違うんだけどこれ、なんてところも混ざってることもあるのでその辺は自己責任で注意しないといけませんよ。
自分用なら結局のところ、「騙されててもこれが気に入ったからいいや」と思えるかどうかがポイント。販売側に立つとそうもいかないんで真面目に勉強していかないといけませんけど、ただ楽しむ分には損はしません。

 ブローチ「酩酊」〔1点〕

 ブローチ「酩酊」〔1点〕
20170226_092346.jpg
定価:4300円

シルバーの蝶の台座に少し薄めの色味で大きめのアメジストを、そしてドロップには濃い目の色味で品質のいいアメジストを使って全体のバランスを取り、クール&エレガントに仕上げたブローチです。

元々アメジストは酒の神様バッカスに由来し、二日酔いを防ぐためのお守りとして古くから信じられ使われてきた石です。
パワーストーン的な効果が実際にあるかはともかくとして、神話や歴史という点でアメジストはワインと切り離せず、夜会に付けていくことが多かったのは事実です。

しかし酔いすぎて蝶のようにふらふらと歩くと、うっかり転んで魂が天に召されるかもしれないので注意です。ほら、ギリシャ語で蝶はプシュケー(魂)って言いますからね。
などと講談向けのデザイン。


いや、妖精さん(製作担当)がそういう意図で作ったかは今知らないのですが。店主ならこんな感じに話のネタにするなあ、ってだけで。
それはともかく、仕入れた石がお高いのでこんなお値段なわけなんですが、イベント時はもうちょっと値下げいたします。こう口頭でごにょごにょと店主自ら値引きして赤字ぎりぎりで提供するスタイル。儲けなど知らぬ。

 ブローチ「秋の陽こぼれる」〔1点〕

 ブローチ「秋の陽こぼれる」〔1点〕
20170226_092343.jpg
定価:2600円

蝶の台座にシトリン、そしてドロップにもシトリンを用いたブローチ。
デザインとしては簡素な方ですが、ドロップの方のシトリンはなかなかに品質のいいものを使ってます。

あまりにもわかりやすすぎて特にいうことも店主には思いつきません。妖精さん(製作担当)なら別なんでしょうが。
そこまで主張しすぎないデザインと小さめであることから、帽子につけたりしてワンポイントとして使うのもありでしょうか。
普通に胸に飾るよりもちょっと配置を変えて服の裾やズボンの脇に付けたりと、遊び心で工夫してみるとこういうシンプルなデザインのものは面白く演出できたりします。
後はリボンタイの代わりにするとかですが、こっちはリボンの色が限定されちゃいますかね。一番合うのは茶色系でしょう。イノセントワールドの茶色のリボンとかは相性よさそうですけど。

ブレスレット「春色の風」〔1点〕

 ブレスレット「春色の風」〔1点〕
20170226_092404.jpg
定価:4500円

クリック拡大推奨です。
使用している石は中央から端に向かって、ピンクトルマリン、ブルートパーズ、レモンクオーツです。
さわやかな春のイメージとその風に舞う葉っぱのチャームを押し出した結果、明らかに可愛い系のブレスレットになりました。

これ使いこなすのは色白な清楚系もしくは可愛い系に限定されてしまいますかね。元々がロリータ系列をターゲットに作った感じですし。
白い長袖系の服でカジュアルにつけると清楚な感じに演出することもできます。ただその場合、ネックレスなしでイヤリング・ピアスも可愛い系で統一するか、いっそブレスレットのみでワンポイントに使うという感じになるでしょうが。


あとは石の品質としては全体としてみるとそこまで高いとは言えませんかね。ブルートパーズはなかなかですがこれ処理済みですし、ピンクトルマリンは人によってはインクルージョンが気になるかも。イエロークオーツは、まあ普通です。
まあ5つ天然石使って4500円ならちょっと安め、って程度ですかね。他の店で出しても6000円いかない程度でしょう、たぶん。
いつものごとくイベント時は値札からさらに値下げするでしょう。

 イヤリング「幸運と共にあれ」〔1点〕

 イヤリング「幸運と共にあれ」〔1点〕
20170226_091929.jpg
定価:2900円

なかなかに素晴らしい輝きのペリドットに、さらにスクエアのペリドット、さらにさらにベネチアンビーズを用いて、うちでは珍しくクローバーのチャームを使用。
うちの妖精さん(製作担当)がデザインと価格と石の品質、どれにおいても高レベルと自画自賛しているイヤリングです。何でも同時期に作ったものの中では最もおすすめだとか。
四葉のクローバーで若草色に近い輝きのいいペリドットと、「幸運」の祈りを込めています。ゆえにこの商品名。

店主もお気に入りだったのですが、何故か二度あったイベント中に売れていない……訳が分かりません。
これは売れるだろうと思ったものがなかなかはけずに、これは買われないだろうと思ったものがはけることってままあるんですが、そのたびに首を傾げます。
とはいえ、身内からロックオンされてるのでたぶん在庫からすぐ消えるかと。

あれですかね、実はペリドットってまだ一般にはさほど評価されてないんですかね?
鉱物業界ではだんだんと値上がりしていってるので、以後は安く手に入りにくいですよ、などと裏情報を流しておきます。

 ピアス「宵と暁の星」〔1点〕

 ピアス「宵と暁の星」〔1点〕
20170226_092054.jpg
定価:6000円

宵の明星、暁の明星、そしてその時間にのみ見える美しい紫の空の情景。
短い時間しか見えないからこそその美しさに心奪われる、枕草子の時代から変わらぬ日本人の風情を愛する心。
それを高品質のアメジストを贅沢に使って表した一品。このドロップなんかはこれだけ色味が濃くてしかも輝きは全く損なわれていないって本当に意味が分かりません。
おかげでお値段もぜいたく品になっちゃったのですが、この品質を生で見れば納得できるはず! クリック拡大した時より明らかに美しいですよ。

それにあれです、うちはイベント出店の時はここからさらに値下げしますし。
特価から値下げって何考えてるんでしょうね、本当に。値札があてにならないお店、Lux Stellae。 まあ店の名前も「星の光」なので、天体モチーフを安くしたがるのは仕方がないことなのです、ええ。赤字でも趣味なら許されるはず。

 イヤリング「秋陽落葉SP」〔1点〕

イヤリング「秋陽落葉SP」〔1点〕
20170408_144105.jpg
定価:1800円

以前作った「秋陽落葉」をさらにバージョンアップして、今度は色味の濃いシトリンを使って優美な印象に仕上げた一品。
前回がコロコロして可愛い印象であるのに対して、今度は大人っぽく淑やかに、な印象を前面に出しました。
このタイプはやはり歩いて葉っぱが揺れるとともに秋の日差しを思わせるシトリンがキラキラと覗く、使ってこそのタイプです。

風に舞う落ち葉の向こうから柔らかな秋の日差しが覗く情景を端的に表した、分かりやすくも万人に受けるデザイン。

前回の「秋陽落葉」をホクホク顔で買っていった身内からは「なんでバージョンアップしてるの? こっちも欲しくなるじゃん!」とか文句言われましたが、そこまで責任持てません。当時このシトリンはなかったので作りようがなかったのです。それにテイスト全く違いますし。

この輝きのシトリンで1800円は確かに安いと思いますけどね、うん。こんな安く売ってくれた仕入先には感謝です。下手なガラス玉より安いってどういうことでしょうね。
クオーツ系は時にガラスより安く、それで輝きは圧倒的なものがあるのだから不思議です。

 ピアス「金字塔の上から」〔1点〕

 ピアス「金字塔の上から」〔1点〕
20170226_092034.jpg
定価:6500円

大粒の高品質ペリドットに、さらにスクエアのペリドットを組み合わせ、サーベル型の剣チャームをあしらった非対称ピアスです。

元々は三部作で、アメジストとエクスカリバーでアーサー王伝説の湖の騎士ランスロットをモチーフにした「貴人の宝剣」、ガーネットと不死鳥の羽にロンバルディアソードを合わせてマルタ騎士団をイメージした「不朽の信仰」と合わせて並べてたんですが、そちら二つは即日売れちゃいました。

で、このナポレオンがエジプト遠征した際に「ピラミッドの上から三千年の歴史が見下ろしているぞ」と発言したらしく、それにちなんで「金字塔の上から」のいう商品名で、シリーズ最後の一品です。そして一番高級です。
ラウンドのペリドットがキラッキラです。拡大表示推奨。
イブニングエメラルドというだけあって、夕方の光でも十分以上に輝く姿は溜め息もの。

普通ならば7500か~8000円で並ぶクラスの品物を特価で6500円にしてるわけなんですが、さすがにこのお値段だとお金ある人しか手が出ないよなあ、とも思うわけで。
まあいつかは良さを分かってくれる人のもとにお嫁に行くことを願いつつ、しばらくは手元で光に透かして輝きを楽しむ店主であります。
プロフィール

執事&緋月

Author:執事&緋月
「Lux Stellae」のアクセサリー・パート「Stellae Parvae」のサイトです。クラシカル・エレガントを基調に、自然風景や歴史・物語などをイメージしたアクセサリーを製作しています。

初めてのお客様は、よろしければ「はじめにごあいさつ」に目をお通し下さい。
商品は、この下のメールフォームよりご注文いただけます。
不安や疑問の点がおありの場合も、こちらからご質問下さい。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。